初期費用をチェック

こちらでは、英会話の月々のレッスン料以外に必要となる初期費用について、その内容や注意しなければならない点などを紹介していきたいと思います。

英会話初心者が初期費用を比べて勉強法を決めるには

初期費用ってなに?

英会話の料金を比べるときにチェックしておきたいポイントは「初期費用」の額です。英会話の料金というと、月々のレッスン料をまず気にしてしまいますよね。実はそれに加え、入会金と教材費、ものによっては管理費などが発生します。たとえ月々のレッスン料が安かったとしても、入会金や教材費が高い、あるいは管理費が月々かかるというのでは、かえって高くついてしまうことにもなります。「レッスン料+その他費用=初期費用」という考え方で判断するようにしてください。

比べるときのコツ

その上で、ひとつ厄介なのが、ホームページや入会案内などで、入会金や教材費用を「別途」として明示していないケースがあることです。それこそ高級料理屋さんの「時価」のようで、いくらかかるのか不安ですよね。問い合せてハッキリ教えてくれるならまだしも、はぐらかしてきたり言葉を濁す場合は、正直に言って避けた方がよいでしょう。仮に月々の授業料が安かったとしてもです。後から思わぬ料金を請求されたらかないませんからね。やっぱり、初期費用が明示しているところの方が安心です。

英会話スクールの料金のナゾ

英会話の勉強法の中で、スクールは比較的料金が高くつきます。そしてスクールの中でも、料金に差があります。なぜそんなに料金が違うのか気になりますよね?率直に言ってしまいますと、英会話スクールのレッスン料には、特にルールや決まりがありません。それぞれに「うちの料金はこれです」と個々のスクールが決めているのですね。この点をまずはしっかりと踏まえておいてください。

それぞれの英会話スクールが、レッスン料をどのように決めているのかと言うと、会社の経営方針や、ブランド力(知名度や企業イメージ)、広告宣伝費、教室の立地条件など、実に様々な要素が絡んでいます。だからこそ、単純に料金が高いからいいスクール、安いからダメなスクールとは一概に言い切れないのです。料金を見比べるときに、このことをぜひ思い出してくださいね。

英会話勉強法を
選ぶPOINTをもっと見る

英会話初心者に
おすすめの勉強法はこちら