HOME >  気を付けて!英会話初心者のよくある失敗 >  リスニングはできるのに話せない!

リスニングはできるのに話せない!

こちらでは、日本人にありがちな、リスニングはできるのに、いざ自分で話そうとしても話せないというケースについて取り上げ、その理由を探っていきたいと思います。

日本人が、英会話を話せないのはナゼ?

学校での勉強のかたより

私たち日本人は中学と高校で英語の授業を受けるのが普通ですよね。でも、たとえ英語の成績が良かったとしても、実際にネイティブと話そうとしても、話せないというケースがとても多くあります。と、偉そうに言っていますが、私も、かつてはそんな一人でした。

日本人に多い、英語を聞き取れるけど話せないという問題の理由は、簡単に言ってしまうと

  • 実際に声に出して使う機会や経験が圧倒的に不足していること
  • 頭でっかちになってしまっていること

この学校教育上の2点につきます。

学校の英語の授業というと、どうしても単語を覚えたり文法を学んだり、あるいは長文の読解力に重点が置かれています。そのために、英語の意味は多かれ少なかれ理解できるのに、いざ言葉として発しようとしても、話せないことが多いのです。

日本人の性格

また、日本人にありがちなのが「間違えたら恥ずかしい」という考えです。日本人らしい奥ゆかしさゆえではあるのですが、そうした感情が、英会話に関してはマイナスに働いてしまうのです。実際、私がお世話になったネイティブの先生にも、さかんに「間違えることを恐れてはダメ。どんどん間違えることで、上達していけるのだから、恥ずかしがることはない」と言われていました。

そしてこの先生が言っていたのは、実は先生ご自身も日本語を勉強する時に、単語や文法から入ってしまったそうです。実際に話すことを後回しにしてしまったせいで、上達するまでに時間が掛かったとのこと。頭の中だけではなく、実際に話さないと上達しない点は、英語でも日本語でも同じなのですね。

失敗を恐れず、間違ってもよいから堂々と話すことを繰り返していくうちに、自然と会話は上達していくものです。正しい文法で話すことに縛られず、つたない英会話でも言語が通じるという楽しさをまずは味わいましょう。

英会話初心者が
陥りやすい失敗まとめはこちら